事業内容

各種リスク・危機対応コミュニケーション

各種リスク・危機対応コミュニケーション

あらゆる企業において、不正や不祥事発生時の説明責任は免れません。

不正や不祥事発生時において、正確かつ迅速な情報開示も当然ながら、ステークホルダーに対して正しく情報を発信するためには、メディアを通したコミュニケーションが欠かせませんが、情報開示のタイミング・内容・手法を間違うと、最適なダメージコントロールも図れず、実損害が拡大し、経営に大きなインパクトを与える可能性が高くなってしまいます。

メディアを通した、世論を含むステークホルダーに対し、また金融庁や監督官庁に対する情報発信は、経験値の高いプロフェショナルを活用することが最善であると考えます。

JPリサーチ&コンサルティングは、状況に応じたプロフェッショナルの戦略的コミュニケーションコンサルティングチームと結束し、有事におけるクライアントのリスクを低減するための助言および戦略を提供いたします。

社会的にインパクトの大きい不正や製品事故などの不祥事が発生した場合、当社のコンサルティング・サービス(JP Consulting Service)をご活用ください。