事業内容

敵対的買収防衛

敵対的買収防衛

近年の不透明な経済状況や過去の資本政策の見通しの甘さなどによって、意図していない先から株式の買収提案を受け、その多くの舞台裏は、ネガティブ な怪文書の配布・スキャンダルのリーク・メディアを騙すような不道徳な情報操作などを仕掛けられ、それらの対策に翻弄された例は過去にもたくさんあり、結果「泥沼の戦い」となっています。

この泥試合の顛末は、企業価値の毀損や役員の退任劇に発展し、互いにメリットのないTOBとなるケースが目立ちます。そのような敵対的と解釈される買収提案においては、既に相手方に致命的な情報を握られていることが多く、その不利な状況を水面下で回避するためには、相手方の動向・戦略を詳細に把握し、対抗できる有用な情報を得ることが、自社の利益を守るためには重要となります。

JPリサーチ&コンサルティングは、市場において年に数件あるかないかともいえる、レアケースの敵対的買収防衛策として、相手方動向調査および対抗手段のための戦略的な情報収集の実績を多数有しております。

自社の権利・利益・社会的信用を守るために重要な企業間紛争や訴訟が発生した場合、当社の戦略的情報収集(JP Intelligence)をご活用ください。

なお、適切なメディア対応におけるコミュニケーションコンサルティングも併せて支援することが可能です。

※ただし、同様の調査におきましては、当社のポリシーとして、ディフェンス側での調査依頼のみお受けできるものとなります。